中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

「ランナーなし、ファーストゴロ」監督のためのフォーメーション

ランナーなし

ファーストゴロ

 

f:id:monkox:20170710113346p:plain

 

 

ピッチャー

打球方向へ走り、そのまま一塁ベースカバーへ。

カバーに入る時は、ベースへ直線的に入らず、ホームよりからカーブを描く様にカバーにはいる。

ベースを踏んだら、ファールゾーンへ抜けないようにする。

それにより、走者との衝突も回避でき、ファーストもトスしやすくなる。

 

 

キャッチャー

一塁バックアップ

 

 

ファースト

打球を捕ってカバーに入るピッチャーへトスする。

ポイントは、

 

①ピッチャーが一塁ベースを踏む前にキャッチできるようにトスする。

 

②自身も走りながらトスする。

 

①は、ベースを踏むと同時にキャッチすると、ベースを見ることが出来ないため、踏み外しや、最悪の場合足首の捻挫など故障につながる。

 

②は、トスのタイミングがとりやすい。

 

 

 

セカンド

ファーストゴロのバックアップに走り、一塁手がキャッチしたら、一塁バックアップへ。

 

 

サード

三塁ベースに入る。

 

 

ショート

ミスに備え二塁ベースに入る。

 

 

レフト

エラーがあった場合、バックアップした選手から二塁へ送球があるため二塁のバックアップにはいる。

 

 

センター

エラーがあった場合、バックアップした選手から二塁へ送球があるため二塁のバックアップにはいる。

 

 

ライト

ファーストゴロのバックアップに走り、一塁手がキャッチしたら、一塁バックアップへ走る。