中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

「ランナーなしピッチャーゴロ」監督のための守備フォーメーション!

ランナーなし

ピッチャーゴロの動き

 

 ピッチャーゴロ正面

 

f:id:monkox:20170709165557p:plain

 

 

 

ピッチャー

 

捕ってから送球に移る時、しっかりスッテップをする。

急ぎ過ぎて足を使わず投げるとボールはシュート回転し、ミスにつながりやすい。

フィールディングの練習からスッテップを意識する。

 

 

 

キャッチャー

 

一塁へバックアップに走る。

投手に指示を出して満足してバックアップに走らない選手を多く見かけるので、ミス起こると考え、必ずバックアップに走る。

 

 

ファースト

 

ベースについて送球を待つ。

 

 

セカンド

 

投手のカバーへ走り、捕球を確認したらすぐに一塁後方にバックアップに向かう。

 

 

サード

 

投手のカバーへ。

悪送球になった場合、サードベースに戻る。

 

 

ショート

 

投手のカバーへ。

 

 

レフト

 

投手が一塁へ送球ミスした場合、カバーした選手から2塁へ送球がある。

その送球が逸れることを想定して2塁のバックアップにはいる。

 

 

センター

 

強い打球であれば、センターへ抜けてくることを想定して打球方向へ動く。

投手が捕ったらセカンドのバックアップへ。

 

 

ライト

 

一塁へのバックアップへ。

重要なバックアップになるため全力で!

 

 

ピッチャーゴロ三塁側

 

f:id:monkox:20170709181714p:plain

 

 

ピッチャー

捕ってから送球に移る時、距離が延びる分、スッテップを大切にする。

 

キャッチャー

打球の強さにより、一度打球追ってから、バックアップへ走る。

 

ファースト

ベースにつく

 

セカンド

一塁後方へバックアップ

 

サード

打球を捕りに行く

 

ショート

二塁ベースへ。

 

外野は同じ動き。

 

 

ピッチャーゴロ1塁側

 

f:id:monkox:20170709180139p:plain

 

ピッチャー

捕ってから送球に移る時、スッテップを大切にする。

 

キャッチャー

打球の強さにより、一度打球追ってから、バックアップへ走る。

 

ファースト

打球の強さで「捕りに行くか」「ベースに入るか」判断する。

 

セカンド

一塁ベースカバーへ走り、ファーストがベースに入ったら、後方へバックアップ

 

サード

送球をみて、次の動きに備える。

 

ショート

二塁ベースへ。

 

外野は同じ動き。