中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

「ランナーなし」中学軟式野球、監督のための守備フォーメーション!

ランナーなし

 

 

f:id:monkox:20170705172041p:plain

 

基本は上の図のように定位置。

 

ポイントは、サードはベースよりも前に守る。

 

理由

軟式野球サードに飛ぶ打球は、打ちそこなった弱い打球やバウンドが高い打球が多い。

よって、ベースのラインで守っていると、アウトにできないケースが多くなるため、サードは前に出て守る。

 

・さらに、足の速い左打者の場合はセフティーバントや走り打ち気味の打者に対応するため、さらに前で守る必要がある。

 

 

長打警戒のフォーメーション

 

ゲーム終盤で接戦の場合、ノーアウトランナーなしのケースでは、

得点になりやすい長打を警戒する。

そのために、ファーストとサードは抜けると長打になる、ベース際の強い打球に対応できるようにベースよりに守る。

サードは、「内野安打OK!」と割り切り、ベースラインまで下がる。

強打の選手(調子のいい選手や3・4番打者など)であれば、さらに後ろに下がって長打に対応する。

 

 

小柄な左打者の場合

 

小柄な左打者の場合、当てるだけのバッティングが多く、サードには緩い打球が多くなるため、前進守備。

とくに右投げ左打ちの選手は、右打ちを左に矯正されている場合が多く、インコースを上手く打てない。

よって、真ん中、アウトコースのボールを振り切らず、当てるように打つ傾向がある。

レフトは、ライン際に切れる打球に対応するため、ライン際でさらに前進守備。

小柄でも3番・4番を打っている場合は決めつけない。

 

その他

 

外野は深く守り、打者、風、グランドなどを考慮して守備位置とる。

参考・中学軟式野球!未経験監督必見!外野手の守備位置の考え方と指示!