中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

新チームを作るポイント投手と捕手を重要視!中学軟式野球!

中学軟式野球は、大会の結果によってすぐに引退です。

 

人口減少以上に、野球人口減少の影響を受け、カツカツの部員数で、新チーム構成をしなければならない監督さんは、頭が痛い事でしょう。

 

そういった監督さんの悩みに「少しでも力になれたら」と思って綴ります。

 

投手

投手を選ぶ時に重要視してほしいことは、コントロール

どんなに速い球を投げようが、コントロールが悪ければゲームになりません。

 

そして、コントロール治すことは野球経験者であっても難しいです。

まして、野球経験がなければ・・・・。

と言う事で、まずはコントロールの良い選手を投手に!

 f:id:monkox:20160506152951j:plain

さらに、軟式球は硬式球に比べて、打つのが難しいです。

大量点につながるのは四球とエラーが絡むとき。

その大量失点を防ぐために、コントロールの良い投手を選びます。

 

詳しくはコチラ↓

中学軟式野球Q&A バッティングのコツとは? 

 

選び方

試合形式でチーム全選手を投げさせます。

そのなかでコントロールがいい選手を上から順に2、3人選びましょう。

先ほど言ったように、球速は関係ありません。

 

 

投手育成

練習では野手以上に走らせます。

体力的に、かかる負担が大きいポジション。

少数チームであればダブルヘッダーなどの練習試合で、投手としても野手としても試合にでないといけませんから、体力が必要です。

 

もう一つ、走らせる理由として大切なのは、チームメイトから信頼を得るためです。

コントロールの良い投手でも試合になれば四球を出します。その日の調子によって多く出すこともあるでしょう。

 

そのような場合、守っている野手の心理状況は

 

「また、四球かよ・・・」

 

そうなると、野手の集中力も切れ、たまに来る打球に対応できずミスをし、大量失点につながります。

 

しかし、こんな状況でも、投手が人一倍練習をしていると野手心理状況は

 

「あいつ普段頑張ってるから、なんとかしてやりたい!!」

 

この気持ちが生まれると野手の集中力が切れません。

 

この二つが投手に野手以上に走らせる理由になります!

 

 

捕手

 

f:id:monkox:20160627170949j:plain

 

投手を選んだら、残った選手で一番うまい選手を捕手にします。

球が速くてもコントロールが悪く、投手から外された選手なんかいいですね。

 

詳しいことは「1番上手い選手を捕手にする理由!」を読んでもらうとわかるのですが、とにかく弱いチームの共通点は捕手に弱点があることです。

1番上手い選手を捕手にする理由!

 

 

例えば、

 

・凄い投手がいるのに、捕手がとれないために勝てないチーム。

 

・やたらと上手いショートがいるのに、捕手がパスボールに2盗3盗フリーパスのため、毎試合大量失点しているチーム。

 

どんな凄い投手がいても、捕手一人で台無しになります。

それだけ捕手が重要なポジションであることを認識してください。

 

投手と捕手が決まれば、チームは自然と良くなっていきますよ!!