中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

捕手のキャッチングについて。ミットを止められない理由と改善方法!

前回「ミットを止める」重要性を説明しました。

今回は「ミットを止めるため」のキャッチング技術の説明をしていきます。

f:id:monkox:20160318174103j:plain

 

「ミットを止める」といっても、なんでもかんでも「止める」必要はありません。

と言うよりは、なんでもかんでも止められるものではありません。

 

「止める」必要がボールはストライクゾーン内とストライクになるかならないか際どいコースの場合。

 

それと絶対にやってほしくないことは、際どいコースのボールをストライクにしようとミットを動かすこと

 

昔、このような指導をされた経験がありますが、現在は全く通用しないどころか、主審からみると、印象の悪い行為なので気を付けましょう。

 

ミットを止めるには?

「ミットを止める」にあたり、指導して止まるようになれば、それで問題ありません。

しかし、「止める」ことが出来ない場合、それには理由があるはずです。

 

①投手の球速、変化球のキレに対応できない

②単純に筋力がない

③「構え」に問題がある

 

①②であれば時間が解決します。しかし、③の場合は修正していかないと「ミットを止める」ことが出来ない場合があります。

 

指導者は、捕手のキャッチングをチェックする必要があります。

 

そのポイントはキャッチする前に構えたミットを動かすか・動かさないか

 

キャッチングでミットを構えた位置から「動かさないタイプ」の捕手と「動かすタイプ」の捕手とがいます。

 

大リーグは動かさないタイプも動かすタイプもいますが、日本のプロ野球は動かす捕手が圧倒的に多いです。

 

「動かさないタイプ」動画

 

動画のように、投手がセットに入ってミットを構えてからキャッチングまでミットが動きません。

 

「動かすタイプ」動画

 

 動画のように、ミットを構えてからキャッチする前にミットを下げてからキャッチします。

日本にもミットを動かさない捕手もいました(現中日・谷繁監督)。

ここで大切なのはどちらが良い・悪いではなく、どちらを選択するかです。

 

「ミットを動かさない」メリット

 

 ・投手が投げやすい

 

ミットを動かさない1番のメリットは投手が投げやすいことでしょう。

投球時キャッチャーミットが「的」になるわけですから、的は動かない方がいいですよね。

 

・主審の印象がいい

 

「ミットを下げると印象でボールにされる」谷繁談

 

ミットを動かさない構えのデメリット

 

・ミットが止まらない

 

ダルビッシュ投手の動画をみると56秒あたりでスライダーを投げます。

そのときの捕手のミットが流れます。

 

このように、構えた位置よりコースが外れると、ボールを構えた位置から追いかけることになるのでミットを止めることができません。

 

・悪球に反応しにくい

 

ミットを構えた状態から次の動作をするとき「静⇒動」の動きになるため反応が遅くなります。

「動⇒動」よりも「静⇒動」は反応が遅くなります。

ちなみにランナーのシャッフルはスタートの反応をよくするため「動⇒動」を使っています。

 

 野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組

 

・キャッチのタイミングがとりにくい

 

構えた所からミットを動かすことでキャッチングにリズムができてタイミングがとりやすくなります。

なので動かさないとタイミングがとりにくくなり、キャッチングしにくくなります。

 

ミットを動かすメリットは逆に考えてください。ミットが止まりやすく、悪球に反応しやすく、タイミングがとりやすい

デメリット投手が投げにくく、主審の印象が良くないとなります

 

しかし、主審の印象を考えるとキャッチのときにミットが流れるほうが印象は悪いと思います。

 

例えば、右打者のインコース(ボールゾーン)に構えていて、投球が構えた反対のアウトコースぎりぎりに来た時、ミットを動かさない構えだとミットは止まらず流れます(ダルビッシュ画像56秒のような感じで)。

 

参考にこちらの記事を読んでみてください。

 

DeNA4位戸柱、谷繁流動かないミットで暴投一掃

 谷繁スタイルで正捕手奪取だ。DeNAのドラフト4位、戸柱恭孝捕手(25=NTT西日本)は、中日谷繁監督型のミットを動かさない構えが最大の武器。昨年はチームの暴投数68がプロ野球ワーストタイという不名誉な記録を残したが「後ろにそらしたら捕手の責任」という信念で、暴投を一掃し投手の信頼を勝ち取る。
 
 通常は構えた位置からミットを下げたり、動かしながらタイミングを取る選手が多い。不動でタイミングを取るのは難しい上に体力的にもハードだ。しかし投手は的が動かないから投げやすい。戸柱は昨年1月から5カ月をかけ習得した。マウンドの半分の至近距離から、マシンで矢継ぎ早に飛んでくる速球を1日300球捕球するのをノルマに課した。ミットが下がれば体にボールが直撃する。
 
 自信も不動だ。「去年は周りから、1年ですごくうまくなったと言ってもらえるようになった」という。NTT西日本の大原コーチから「ボクシングの構えの位置が理想」と教えられ実行している。
 
 見守った八馬スカウトもうなずいていた。「動かないですよね。投手に的を作ってあげているので投げやすい」と説明した。即戦力の目標はもちろん、正妻取りだ。【矢後洋一】

2016 1/16 日刊スポーツ

 

新人・戸柱選手もミットを動かさない構えに挑戦しています。

春のキャンプ(2016年2月)で手前が高城選手でその隣が戸柱選手。

高城選手は「動かすタイプ」で戸柱選手は「動かさないタイプ」で練習中。2人のキャッチングの違いがよくわかる動画です。

 

これは最近の試合です。

 

この動画の捕手は戸柱選手ですが、「動かすタイプ」のキャッチングになっています。

ここで言いたいのは、「動かさないタイプ」はプロ野球選手でも難しい言う事。谷繁監督は別格と言う事です。

 

谷繁監督もベイスターズ時代の大魔神佐々木氏とバッテリーを組んでいる動画を見ると「動かすタイプ」。

 

長年の経験を活かし「動かさないタイプ」のキャッチングを完成させたんだと思います。とても一朝一夕でできる技術ではありません。

 

野村克也氏は「日本の捕手のキャッチングは総じて酷い」と論じていますが、それは「動かさないタイプ」がいないからだそうです。

 

「動かさないタイプ」は投手にとって投げやすく理想的です

 

しかし、説明したように簡単な技術ではありません。

それでパスボールが増えたり、キャッチした時にミットが流れるようなら間違いなく投手にとってデメリットの方が多いです。

指導者はその辺をしっかり見極め、指導する必要があります。

 

「動かさないタイプ」でミットが止まり、パスボールが少なければ、そのままで問題ありません。

しかし、ミットが流れ、パスボールが多ければ「動かすタイプ」に挑戦することをおすすめします。

レベルが投高捕低の場合はとくに「動かすタイプ」にすべきです。

 

 

「動かすタイプ」もいろいろあります。

ロッテ・田村捕手は手のひらを上に向けるようミットを動かします。

ワンバウンドに対応するためなのか分かりませんが個性的です。

 

是非、指導者の皆様はプロ野球高校野球を、参考にしてみてください。たくさんの情報が詰まっていますよ!