中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球キャッチャー!配球の組み立てかたの基本②「残像」を使う

配球を組み立てるとき、

①投手重視

②打者重視

③状況重視

 

の3つが重要になることを説明しました。今回は①投手重視の組み立てについて説明したいと思います。

f:id:monkox:20160624182312p:plain

 ①投手重視の組み立て

 

ここで勘違いしてほしくないのは、「投手重視」だからといって、投手の得意の球種をドンドン投げさせるわけではありません。

 

得意球種以外のボールを交えないと、配球が単調になってしまい、得意球種を簡単に打たれてしまいます。

そうならないために、投手重視の組み立てには「配球とは何か」を理解することが必要です。

 

配球とは?

 

残念ながら、配球には答えがありません。

ストレートを3球続けて、打たれれば単調だと怒られますし、三振にとれば打者の裏をかいた見事な配球と褒められます。

 

ハッキリ言えば、配球は結果論的要素が強いのです。

 

打者も十人十色で、得意球や狙い球が違います。結果論になることは仕方ありません。

しかし、配球には先人の経験から基本の様なものがあります。

それを知らずに配球はできません。

 

基本の配球を一つ一つ説明するときりがないので、学生時代の経験から、配球とは何か説明します。(あくまでも個人的な考えです)

 

「次のボールに活かす」

  

「活かす」を簡単に説明すると

 

速い球をより速く見せ、遅い球をより遅く見せる

 

アウトコースをより遠くに感じさせ、インコースをより近くに感じさせる

 

学生時代、これを意識するようになってから、監督に配球で怒られることが激減しました。

「次のボールに活かして」配球することで、監督に配球の意図が伝わったのだと思います。

そして、「ボール活かす」ために重要なのが「残像」です。

 

残像とは?

これは監督の受け売りなんですが、打者は前のボールのスピードや、コースの記憶が脳に短時間残ります。

 

例えば、デットボールすれすれのボールをよけたとします。

 

相手バッテリーは次のボールは高確率でアウトコースを攻めます。

それは、打者にインコースの残像と恐怖心が残り、しっかりと踏み込めないからです。

これで「アウトコースをより遠くにみせる」ことが残像によりできた訳です。

 

打者心理にたつと、次にアウトコースに来ることは分かっているんです。

それでも残像によりアウトコースが遠く見えたり、アウトコースを意識しすぎてボール球を追いかけたりしてしまいます。

 

このような基本があって、「相手の裏をかく配球」が出来る訳です。

このように配球の基本を理解して、初めて投手の長所を活かした配球ができるようになります。

 

 野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組

 

残像を使うコツ!

 

 残像を上手く使うには「緩急」と「対角」を利用します。

 

緩急

 

緩急とは、「活かす」で説明した「速い球をより速く見せ、遅い球をより遅く見せる

投球術です。

 

野球経験のない人でも、車を運転していて、高速道路を走行してから一般道に入ると知らず知らずスピードが出てしまいます。

これは100㎞以上のスピードを体感したあとすぐのため、普段通り50㎞で走っても遅く感じているからです。

ただ、しばらく走るとスピード感覚は戻り普段通りの50㎞に感じます。

 

これは打者も同じで、速い球の後の遅い球はより遅く感じ、遅い球の後の速い球はより速く感じ、タイミングにズレが生じます。

これを利用し「速い球で詰まらせたい」と考えれば、その前の投球は遅い球を見せた方がいい訳です。

 

逆に「遅い球で引っ掛けさせたい」と考えれば、その前の投球は速い球を見せることが有効です。これは上記した「次のボールに活かす」投球術です。

 

同じような状況で遅い球で引っ掛けさせたいと考え、その前の投球は速い球を見せます。

そして遅い変化球を投げたとき、狙ったアウトコース低目ではなく、抜けて高めに浮いた(ボール)とします。

 

そうなった時、「狙ったボールと違う」と考えるのではなく、この抜けたボールを「次のボールに活かす」発想に転換しないといけません。

 

この積み重ねが配球となっていきます。

 

対角

 

投球がインハイであればアウトローのことです。

対角とは打者からみて、ボールが一番遠くに位置することです。ですから、インローであればアウトハイということです。

対角は「アウトコースをより遠くに感じさせ、インコースをより近くに感じさせる」ために重要な考え方です。

 

補足

 

遅い球の次は速い球、インハイの次はアウトローあくまで基本

これを繰り返せば配球は単調となり相手打者は狙い球を絞りやすくなります。

 

打者はスローボールのあとは高確率でストレートを狙います。

よって裏をかいてスローボールを続けることも必要になりますが、打者はストレートを狙ったとしても、スローボールが甘く入ると打ちます。

 

それはスローボールの残像が残っているため体がうまく反応するからです。

 

スローボールあとに有効な球種はスライダー。

打者はストレート待ちです。ストレートに近いスピードのスライダーを、ストレートと思い、体が反応して、空振りや引っ掛けて内野ゴロなどで打ち取ることができます。

 

これをうまく使っていたのが、2014年甲子園で活躍した、東海大四(北海道代表)の西嶋投手です。

 

まとめ

・投手重視でも配球が重要

・配球は「次のボールに活かす」

・「次のボールに活かす」ための残像

・緩急、対角はあくまで基本

・配球は単調になったらダメ