中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球!好投手攻略のポイントはフリーバッティングの意識改革!

前回は高校野球の試合を観た感想で投手が同じフォームで投げる大切さを説明しましたが、今回はこの試合から、好投手を迎えた時の攻略法を考えたいと思います。

f:id:monkox:20160506170726j:plain

低目の球に手が出る訳

小生は近所の高校野球チームを応援しているので、時間がある時に勉強がてら練習を見学しにいきます。

人数は少ないですが充実した練習をこなしています。

ただ、打撃練習を観ていて気になっていたことがあります。

それは打撃練習している生徒達が漠然と打っていることです。

 

そして、試合は好投手に1得点で負けてしまいました。

相手投手(右投げ)のスライダーに右打者のバットが空をきり、チャンスらしいチャンスがないまま敗戦していまいました。

前回説明しましたが相手投手は同じフォームからストレートとスライダーを投げ分け低目にボールを集めていました。

ただ、カウントを取るボールは甘いボールが多く、もう少し得点できたのでは?と感じました。

 

相手投手は四球が少なく低めに丁寧にコントロールし、ストライクからボールになるスライダーを武器にしています。

そのストライクからボールになるスライダーを追い込まれる前に手を出し、凡打していたのが1得点に終わった1番の要因だと思います。

おそらくベンチでは「追い込まれるまで低目のボールに手を出さず、甘い球を積極的に打て!」と指示がでたと思いますが、普段していないことを試合で「やれ!」と言っても残念ながら出来ません。

相手投手が良ければなおさらです。

 

「打撃練習で漠然と打っている」と言ったのは、低目のボール球だろうといい当たりをしたら「ナイスバッティング!」、甘い球を見逃しても「・・・・」これでは、「低めに手を出すな」と言ったところで生徒達が出来る訳がありません。

普段、低めのボール球を練習で打っているのですから。

バッティングピッチャーの遅いボール球ならいくらでもヒットできるでしょう。

ただ、好投手のボール球をヒットできる確率は当然低くなりす。

 

 

フリーバッティングの目的

 

以前も説明していますが、フリーバッティングは「スイング強化」ではなく、「タイミングを取る事」と「ボールの見極め」が目的です。

小生のチームのフリーバッティングの目的は

 

「①ベルトの高さのストレートと胸の高さの変化球を必ず振ること」

 

「②ヒザの高さより低い球には手を出さない」としています。

 

なぜこの目的にしたかと言うと経験上、好投手の低目のボールはヒットになる確率が低いからです。

 

この目的は練習中も練習試合でも同じで、結果はどうでもよく①であれば褒める、②であれば例えヒットを打っても注意します。

ヒットの確率が高いボールに自然と体が反応するように、ヒットの出にくい低めのボールに反応しないように、普段から意識することで試合で結果が出ます。

もちろん好投手が相手だと低目の変化球にバットが回ります。

しかし、これが出来ないということは、まだまだ強いチームになっていない証拠でこれからさらに精進すればいいのです。

 好投手攻略には普段の打撃練習の意識、内容を高めることです。