中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学野球采配!間違えやすい三塁ベースにランナーが2人いる場合。

前回、ランダウンプレーについてお話しましたが、そのときに重要なことを説明し忘れていたので今回説明させて頂きます。

f:id:monkox:20160418115013j:plain

 同じ塁上にランナー2人

主に三本間(3塁と本塁)で起こる状況です。

 

<例>ノーアウト3塁

 

バッターがスクイズをしたが、打球が強く投手が処理し本塁へ投げる。

          ↓

スタートを切っていたランナーは間に合わないと判断しストップ。

          ↓

スクイズしたランナーは一塁へ走る。

          ↓

三本間に挟んだランナーが粘る

          ↓

打ったランナーは、三塁へ到達

          ↓

挟まれた3塁ランナーも三塁へ戻る

 

このように、三塁ベース上に2人のランナーがいる状況になったとき、どのように対処するのか説明します。

本来、塁上にいるランナーをタッチしてもアウトになりませんがこのような状況でタッチしたときは、どちらかがアウトになります。

どっちだと思います? 答えは後ろのランナーです。

<例>にあげた状況であればスクイズをした選手になります。

 

理由は「塁の占有権」です。

 

川崎宗則氏監修の野球教材が登場!

  塁の占有権とは

 

二走者が同時に一つの塁を占有することは許されない。ボールインプレイのさい、二走者が同一の塁に触れているときは、その塁を占有する権利は前位の走者に与えられているから、後位の走者はその塁に触れていても触球されればアウトとなる。

 

 試合中にこのような状況になると、選手は混乱したり、もしくは1度・2度説明しても時間がたつと忘れている選手も多いです。

実際、小生のチームもどっちがアウトになるか聞いてみると半数が忘れていました。

指導する側は、まめに説明と確認をする必要があります。

 

守備の時はチャンスあり

 

先ほど説明したように、選手は混乱したり、「塁の占有権」を忘れているケースがあります。ですから、相手チームの攻撃時、2人の走者が同一の塁に触れている時に後位の走者だけにタッチするのではなく、必ず前位のランナー・後位のランナーの順でタッチします。

そうすると、相手選手はタッチされたことでアウトになったと勘違いし、前位のランナーが塁から離れることがあります。

離れた瞬間タッチするとアウトになりダブルプレーになります。

一見、卑怯なようですがルールを理解していなかった相手側の落ち度ですからご心配なく。

 

逆に、攻撃時でこのような状況になったときに、選手が混乱して「塁の占有権」を忘れた場合は、2人とも塁上から離れずベンチからの指示を待つのもいいまもしれません。

選手には「忘れたらベースから離れずベンチを見ろ」と言っておきましょう。

そのためにも監督は絶対に「塁の占有権」を忘れてはいけません。

 

キッズベースボールドリームナビⅢ-野球未経験のパパママ新米コーチに贈る驚きのバッティング上達法&早わかり野球ルールブック-