中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学野球采配!ランダウンプレー(狭殺プレー)を成功させるコツと練習法

ランダウンプレーとは、走者を塁間で挟みアウトにすることで「挟殺プレー」とも言います。

このランダウンプレーを成功させるコツを説明していきます。

f:id:monkox:20160408104039j:plain

 ランダウンプレー多発地帯

 

ランダウンプレーは本塁・一塁間を除いた塁間で起こります。

そのなかで多発地帯と呼ばれるのが「三本間」(サンポンカン)三塁と本塁の間です。

なぜ多く起こるのか?

それは、軟式野球が1点をとることが難しいからです。

よって、スクイズや内野ゴロで本塁を狙うため、ウエストやミスでランナーが三本間で挟まれる場面が多くなります。

 

ここで重要なのは、守備側がボールを逸らすミスをすると、得点につながるということです。

1点を争うゲームで相手に得点を与えることになってしまいます。

ですから、ランダウンプレーを確実に処理できる技術がチームには求められます。

 

 川崎宗則氏監修の野球教材が登場!

ランダウンプレーの理想

 

三本間での理想の結果は、もちろん三塁ランナーをアウトにすることです。

よく遭遇する場面を例に理想の結果を説明します。

 

例)ノーアウト3塁

 

バッターがスクイズをしたが、打球が強く投手が処理し本塁へ投げる。

          ↓

スタートを切っていたランナーは間に合わないと判断しストップ。

          ↓

スクイズしたランナーは一塁へ走る。

          ↓

三本間に挟んだランナーをすぐにアウトにし、2塁へ送球。

          ↓

打ったランナーは、2塁へ行けず1塁ストップ。

          ↓

1アウトランナー1塁で試合再開!

 

これが理想の結果です。

しかし、このようなプレーはプロでも難しいです。

相手の3塁ランナーはなんとか粘って、打ったランナーを3塁まで進塁させたいと考えますから。

大切なことは3塁ランナーを確実にアウトにすること。

そして、スクイズした打者を3塁まで進めないことです

1アウト3塁だと相手が得点できる確率が高いですから。

3塁ランナーをアウトにして1アウト2塁で試合再開することが出来れば上出来です。

しかし、これも理想です。まずは確実に3塁ランナーをアウトにしましょう

 

<参考>ノーアウトor1アウト・ランナー3塁、ファーストゴロで3塁ランナーが三本間で挟まれた場合の野手の動き。

 

 f:id:monkox:20160408174029p:plain

 

※自分のチームが攻撃側なら、打者を3塁まで進塁させるよう3塁ランナーは粘りましょう。

 

 

ランダウンプレーのコツ!

 

・投げるふりをしながら追わない

 

良く見かける光景なんですが、投げるふりをしてランナーを惑わそうとするのですが、味方も惑わされてしまいます。

よってキャッチミスがおこってしまします。

 

・前の塁に追い込んでタッチ

 

前に説明したようなことでも、そうでなくてもキャッチミスは起こります。

そのときに本塁手前でポロっと落とせば1点入ります。

しかし、三塁手前でポロッと落としても1点は入りません。

よって三本間であれば三塁、一二塁間であれば一塁に追い込んでアウトにすることが理想です。

 

・ランナーと重ならない

 

当然、ランナーと重なるとボールが見にくいです。

取りやすく、投げやすいようにするため、投げる側も受ける側がランナーと重ならないようにします。

 

・ランナーとの距離感を考える

 

受ける側とランナーの距離が近いときに投げると、タッチを焦ってしまい良く握らずボールを弾かれてしまいます。

もしくは焦ってボールをキャッチできません

。受ける側とランナーの距離が近くなる前にボールを投げましょう。

 

・投げたら追った側のベースカバーをする

 

捕手が3塁側に追って、三塁手に投げたらそのまま三塁のカバーに回り、三塁手は本塁側に追ってカバーに入っている投手に投げたらそのまま本塁のカバーに回る。

 

・送球のやりとりは少なく

 

送球のやりとりが多くなるほどミスが起きやすく、しかも先ほど例にあげたような状況だと打者走者が3塁まで進塁してしまいます。

そのためにも送球のやりとりは少ないのが理想です。

これをできるようになることがランダウンプレーの肝です

 

 

ランダウンプレーの練習法

 

ランダウンプレーのコツで説明したように、送球のやりとりを少なくすることが肝なんですが、送球のやり取りを少なくするにはボールを受ける側がランナーに向かって走りながらボールを受けることが必要です。

 

f:id:monkox:20160407175804j:plain

 

上写真のように、受ける側が止まってボールを受けたのでは、ランナーに追いつけません。

加速しながら捕ることで、ランナーに追いつくことができます。

ですから、練習では毎回キャッチボール後に本塁と三塁ベース上に3人ずつに分け、投げる側は走りながら「投げ」、受ける側も走りながら「捕る」練習を繰り返します。

人数の多いチームは他の塁間を使って効率的に行いましょう。

 

お気づきの人もいると思いますが、走りながら捕るためには、投げるふりをされるをされるとできません。走り出すタイミングがわからないので。是非、明日からでもお試しください。