中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学野球采配!野球未経験監督からの質問!「満塁策」について答えます

野球未経験監督も監督に就任して1年がたちました。

「野球未経験」という肩書もそろそろ必要なさそうです。

そんな監督から先日このような質問がありました。

 

「満塁策はどのような場面で使うのか?」

 

確かに、得点の入りにくい軟式野球において重要な「作戦」であります。

しかし、小生のチームでは1度も使った事のない作戦です。

それはなぜか・・・

 

f:id:monkox:20160405161429j:plain

 「それはなぜか・・・」なんて、もったいぶりましたが、大した理由ではありません。

小生のチームの投手がコントロールが悪いからです(笑)。

「満塁策」と聞くと、空いている塁を四球で歩かせるため「消極的な作戦」に感じてしまうのですが、実際は「超攻撃的な作戦」です。

ですからとても「勇気」が必要な作戦なんです。

 

「満塁策」を使う場面

 

中学野球で「満塁策」を使う場面は基本「1点失うと負ける」場面です。

具体的にいえば、同点で迎えた最終回裏、もしくは延長裏、ノーアウトor1アウト、ランナー3塁、2・3塁、1・3塁でのサヨナラの場面です。

1点失えば敗戦です。

ですから相手チームはなんとしても1点を奪いにきます。

 

「満塁策」を使う理由

 この状況であれば、ホームベース上ではタッチプレー(正式にはタッグプレー)になるためスクイズと内野ゴロでの失点を警戒し、内野手は極端な前進守備をとる必要があります。

この極端な前進守備の結果として、ヒットゾーンが広がり失点の確率が増します。

そして、キャッチャーはランナーの走路をふさいでタッチするということができませんし、タッチはランナーと接触するわけですからボールを弾く可能性もあります。

 

しかも、野手はキャッチャーがタッチしやすい低く、走路をふさがない位置へ送球をしないといけません。

サヨナラの緊張の場面でとても難しい要求です。これだと、投手が内野ゴロを打たしたり、スクイズでピッチャーがキャッチャーに良いトスをしたとしてもアウトにできる確率が低くなります。

 

そこで、確率を上げるためにどうするかと言うと、フォースアウトをとれる状況を作ります。

これが「満塁策」です。フォースアウトであれば、捕手はベースを踏むだけですから、内野は極端な前進守備をとる必要もなし、接触プレーでボールを弾く心配もなし、送球が多少逸れても問題ありません。

 

少年野球・中学野球・草野球・あらゆる軟式野球の戦術、作戦、必勝法を網羅した軟式野球の兵法【野球】

 「満塁策が使えない」チーム

 

「満塁策」は四球1つ、死球であれば1球でサヨナラ負けする可能性が生まれます。あえてそのような危険な状況を作り、勝負するので「超攻撃的」といいました。

 ですが満塁策が使えないチームがあります。

それはご察しの通りピッチャーのコントロールが悪いチームです。

そのようなチームにはおすすめできません。

 

野球は確率のスポーツです。

より確率の高い選択をするのが監督の務めです。

この場合は、「押し出しになる確率」と「タッグアウトできる確率」を天秤にかけます。

そして確率の高い方法をとります。

コントロールが悪い投手には、相手監督はスクイズのサインを出しにくいです。

スクイズしやすいように、ストライクのくる確率の高い状況でサインをだします。

ボール球をバントするのは難しいですから。

スクイズという選択が消えれば相手の得点は確率は低くなります。

よって小生のチームでは「満塁策」は使いません(使えません)。

 

満塁の作り方

 

「満塁策」とる場合、満塁の作り方を考える必要があります。

塁を埋めるためには四球で歩かせる必要があります。

この場合確実なのが「敬遠」です。

しかし、どうせ敬遠をして「満塁策」でリスクを冒すなら、3球全て「ウエスト」したらどうでしょうか。

ウエストとはスクイズなどでバットが当たらないよう大きく外すことです。

 

相手は1点欲しい訳です。

ならばスクイズの確率も少なからずあるわけです。

「敬遠」と感じさせず、普段通りのウエストをし、もし相手がスクイズをしてきたらラッキーと言う感じです。

さすがに3球連続ウエストすると相手も勝負する気がないのがわかりますから4球目は、しっかり敬遠します。

 

個人的な意見なので参考までに。