中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

野球経験なし!監督、父兄のためのブログです。中学軟式野球入門!

春になり、小学校を卒業した新中学生が誕生する時期になってきました。

それと同時に中学校では教員の移動がはじまります。

その結果、「野球経験のない監督」が多く誕生する時期でもあります。

当事者となった、先生も生徒も本当に気の毒な話です。

このブログは「野球経験のない監督」と「野球経験のない監督のチームの父兄」の方々に少しでも参考になってもらえればと思います。

 

f:id:monkox:20160311172301p:plain

 早いもので、野球未経験監督率いる中学軟式チームの外部コーチになって1年になります。

初めて中学生に指導して、未だに難しさを感じてます。

野球経験があっても難しいものを野球未経験の先生、父兄にとっては・・・・・

御察しします。

 

ただ、対戦相手をみていると野球経験のある監督、コーチがいても「こんなもんか」と感じることも多くあります。

 

例)ランナー1・2塁の場面

 

ランナー1塁のときは、盗塁があるため一塁手はベースについてけん制に備えます。

しかし、例のように1・2塁のときは2塁にランナーがいるため1塁ランナーは盗塁できません。

ですからこの時、一塁手はベースから離れて守るのが基本です。

 

しかし、ランナー1・2塁の場面で一塁手がベースについているチームが年間で数チームありました。

最初は戦略かとも思いましたが、試合の序盤・終盤であろうが、点差が開こうがランナー1・2塁では同じなのです。

ノックも上手くできるのに基本がわからない監督・コーチが意外と多いです。

 

実際、野球経験があっても、小学校までなのか、それとも大学まで経験したのかでも違いますし、高校野球を経験しても、その学校のレベルによっても野球の知識は全く異なります。

だだ、ここで指導者として問題なのは、相手チームが同じ場面で一塁手がベースについていないことを見ていながら何も感じていないことです。

 

少年野球・中学野球・草野球・あらゆる軟式野球の戦術、作戦、必勝法を網羅した軟式野球の兵法【野球】

 

「なぜ、相手の一塁手はベースにつかないのか?」と感じれば、今の時代、相手監督に聞かなくともネットで検索すればすぐに答えがみつかります。

これは野球技術の問題ではないので野球経験はいりません。

調べれば答えと理由が分かり、そして、すぐにチームに反映できます。

監督・コーチは技術指導にはある程度の経験が必要になりますが、例のようなポジショニングなどは野球経験は必要ありませんし、あっても分からない指導者が多いですから。

 

技術指導は、月に1、2度、野球経験のあるかたに来てもらえばいいのです。

先生や父兄の知り合いに一人くらいいるはずです。

「野球未経験」の監督とコーチがまずしなければいけないことは、野球のルールとセオリーを覚えることです。本ブログが皆様の参考になれれば嬉しいです。

 

あっ、ノックの練習もしてくださいね。