中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球 ランナーがいるときのバッティングのコツ

ランナー1塁、もしくは2塁の時のバッティング

 

小生も学生のときに、バッティングの基本として、ランナー1塁、ランナー2塁の場面では「右打ち」と指導を受けました。
なぜ、右打ちなのか?これが説明できないと選手に指導できません。

監督が、「右打ちしろ!」と一方的に言っても「なぜ右打ちなのか」と選手が納得する説明がなければ、選手の記憶に残りませんから。

 

ちなみに「右打ち」とは、右利き・左利き共に、セカンド・ファースト側に打つことです。

 

 

 なぜ右打ちなのか?

 

・ランナー1塁の場合

 

「エンドラン」のときに説明したように、ファーストは盗塁を警戒しファーストベースにつき、けん制を待ちます。

セカンドはゲッツーと盗塁のベースカバーを考えると自然にセカンドベース寄りに守ります。

そうすると1・2塁間は広くあきヒットの確率があがります。

打者が左の強打者であれば、ライトは深く守るでしょうから、ライト前ヒットで一気に1・3塁のビックチャンスを作ることができます。

 

・ランナー2塁の場合

 

実はこれも「ランナー2塁の基本」で説明しているのですが、打者が右打ちするこで、ファーストゴロやセカンドゴロになると、3塁までの距離があるため、2塁ランナーは容易に3塁に進塁できます。

進塁打を打つことは得点するために重要です。

ただし、2アウトの時は進塁打の意識は必要ありません。

 

このように「右打ち」の必要性を場面ごとに説明できれば、選手も納得し記憶に残ります。

 

f:id:monkox:20151005170353j:plain

 

あくまで、基本であり、絶対ではない

 

いままで説明したものは「基本」ですが、絶対ではありません。

ここからは、小生の考え方ですが少しお付き合いください。

まず、ノーアウト1塁or2塁であれば、進塁打を考えるくらいなら、はじめから送りバントを選択します。それでも打たせるということは

 

①簡単に相手チームにアウトをあげるのが嫌

送りバントをさせるのがもったいないくらい、バッティングがいい選手

③バントがヘタな選手

 

③であれば、基本にそって「右打ち」を、①②であれば、積極的に打たせるべきです。

強豪チームのバッテリーなら、この場面で送りバントがないと判断すれば、三塁に進塁させない配球をしてきます。

右打者なら緩急やインコ―スを使い、サード、ショートに打たせるような配球を、左打者ならアウトコース中心で引っ張らせない配球をしてきます。

 

それを強引に「右打ち」しようとすれば、ヒットにするのは難しいです。

それでは、なんのために送りバントでなく、打たせる選択をしたのかわかりません。

それなら、その配球を逆手にとって、インコースなら思いっきり引っぱればいいのです。

それで追い込まれ、投手有利になれば、ヒットの確率は下がりますから、そこで「右打ち」を意識し、進塁させるように指示したほうがいいと思います。

 

1アウト1塁or2塁のときも赤文字の考え方です。

 

「基本」重要です。しかし、「基本」は采配を単純にしがちです。

ですから、「基本」を理解したうえで、それを選手の能力によって崩すことも采配には必要です。

未経験監督には難しかったと思いますが、まずは「基本」を!!

 

少年野球・中学野球・草野球・あらゆる軟式野球の戦術、作戦、必勝法を網羅した軟式野球の兵法【野球】