中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球 走塁のコツ!ランナー2塁での基本走塁とは

f:id:monkox:20151005121916j:plain

「セオリー」とは、理論、学説という意味ですが、野球では「この場面では、こうすると良い」と経験に裏付けされたものです。

ですから、野球では「セオリー」=「基本」と小生は考えています。

野球にはこの「基本」が多くありますので、最低限、監督はこれを理解しておかなければなりません。

今回は、選手が判断ミスをしやすい、ランナー2塁の基本を説明します。

 

 ランナー2塁での走者の基本

 

ランナー2塁の場面で打者が内野ゴロを打った場合、ランナーは打球がどこに飛ぶか、もしくは打球の強さによって、3塁に進塁するか、しないのか判断します。

ただし、2アウトでは内野ゴロは全てスタートです。

ランナーの判断が必要なのは、ノーアウトと1アウトの時です。

 

 

2塁ランナーが3塁に進塁する時

 

走者の「左」の内野ゴロは3塁に進塁する。

 

・ファーストゴロ

・セカンドゴロ

・ランナーの「左」に転がったショートゴロ

 

(2塁ランナーは投手が投球するときに第2リードをとります。

そのときにショートゴロがセカンドベース寄りに飛び、ランナーより「左」に転がった場合のこと)

 

セカンドゴロやファーストゴロの場合は、捕球してサードに送球するには距離があるため、アウトになることはありません。

セカンドベースよりのショートゴロはサードとの距離が近いですが、サードと逆方向に移動しながらキャッチし、しかも、サードに送球するとき逆モーションになるため、強い送球ができません。

よって、スタートがよければセーフになります。

 

2塁ベース付近の強烈なセカンドゴロはスタートさせないチームもありますが、シャッフルで第2リードしスタートすれば、中学生の守備力ではアウトに出来ません。

 

 2塁ランナーは、常に自分の「左」に打球が飛んだらスタートする準備をする

 

 川崎宗則氏監修の野球教材が登場!

 

2塁ランナーが3塁に進塁しない時

 

・ピッチャーゴロ

・サードゴロ

・ランナーの「右」転がったショートゴロ


例外

 

・ピッチャーゴロ、ショートゴロ、サードゴロでもスタートすることがあります。

それはボテボテの打球の場合です。

サードが前進して捕球すれば、サードベースが空きますから。

 

・サードゴロでファーストに送球した瞬間にスタートし3塁を狙う。

実は、ストップウォッチでタイムを計ると、「サードがファーストに投げ、ボールを捕ったファーストがサードに投げキャッチ」するまでのタイムより、「2塁ランナーがサードが投げた瞬間スタートし、3塁に到達」するタイムほうが早い場合が多いです。

これは中学野球ならではです。

足に自信のある選手には必ず狙ってほしいプレーです。

 

「ランナー2塁」の基本を選手一人一人に理解させることが、監督の務めです。