中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球、ヒットエンドランのコツ!②

今回は選手に求めるエンドランの基本についてです。

 

打者の基本

打者は空振り・見送りをしない。

とくに、見送りは絶対にしてはいけません。

エンドランの場合、ランナーはけん制に引っかからないように、遅れてスタートします。よって、空振り、見送りをするとランナーはアウトになります。

大切なのはボール球でも、バットに当てるようにすること。これはスクイズにも言えることなので、サインがでたら、「バットに当てる」ことだけを考えてください。

 

 「フライをあげるな」「ファースト側にころがせ」と言っても誰でも簡単にはできるわけではありません。まずは「当てること」。当てたら、結果に関わらず褒めてあげましょう。技術が上がって来たら、より細かく指示をだすようにしてください。

f:id:monkox:20151003094704j:plain

 

技術がある選手には

 

・低く強い打球を打つ

 

エンドランでやってほしくないことはフライをあげることです。フライの上がり方によってはゲッツーになる恐れがあるからです。

低い打球を打つことを意識して打ちます。よって、いい当たりで、ライナーゲッツーになっても監督も打った選手も気にしてはいけません。

エンドランはビックチャンスをつくる作戦ですから、そのぶんリスクがあると理解しておきましょう。

 

・1塁側に打つ

 

ランナー1塁の場合にエンドランがかかると、ランナーはスタートを切ります。

ランナーがスタートをきれば、セカンドは2塁ベースよりに動きます。ファーストはけん制のために1塁ベースに着いていますから、1・2塁間が広くなります。

そこに転がすことができれば、ヒットの確率があがり、ライトに抜ければ一気に1・3塁のビックチャンスを作ることができます。

右打者は「右打ち」左打者は「引っ張る」ことができるようにしましょう。

 

ランナーの注意点

 

・スタート

 

ヒットエンドランの場合は、盗塁よりワンテンポ遅らしてスタートを切ります。
盗塁のようなスタートをきろうとして、けん制で逆を突かれてしまえばサインが出ていることがバレてしまいます。

ですから、スタートは無理せずきりましょう。

 

・走りながら、打者のインパクトを確認する

 

これはバッターが打ち上げたり、ライナーを打った時にすぐに戻れるようにするためです。ずっと打者を見ているのでなく、インパクトの瞬間に打者方向をみて確認します。

これは、盗塁とは違うことなので練習からしっかり身に付けるようにしておきます。

 

 

nansiki.hatenadiary.jp