中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球 ヒットエンドランのコツ!

ヒットエンドランのタイミング!

以降ヒットエンドランは「エンドラン」とさせていだだきます。

 

エンドランのサインはどのタイミングで出せばいいのか、野球経験があっても分かりにくいものです。

まず、送りバントと違い、成功率が低いことを頭に入れておきましょう。

 

エンドランの成功率はなぜ低いのか?

 

送りバントはサインがでていても、投球がボールやストライクかきわどい場合は見送ることができます。

しかし、エンドランはサインがでたら、ランナーがスタートするためボールにバットを必ず当てなければいけません。と、言うことは相手バッテリーがエンドランを読んで、ウエスト(意図的に明らかなボール球をなげ、バッターに当てさせない)すれば当然、高確率でランナーはアウトになります。

それ以外にも色々な要素が絡み合っているのですが、サインを出す監督がしっかりと状況を考えていれば成功率は上がり、相手チームにダメージをあたえる攻撃となります。

 

どういった試合展開でエンドランを使うのか?

 

接戦のときです。同点や1点差ゲームをしている場合など、試合が膠着しているときに、試合の中盤~後半にかけて使うことが有効です。
成功すれば、アウトカウントを増やすことなくランナーを得点圏に進めることができますし、相手のダメージも心理的に大きくなります。
 

逆に大差で勝っていたり、もしくは大差で負けている時などに、リスクの高いエンドランを仕掛ける意味はありません。もし、対戦相手がこの状況でエンドランをしてきたら、「相手の監督は何も考えていない」と思って、マネはしないようにしてください。

 

f:id:monkox:20151001225204j:plain

 

仕掛けるアウトカウント

 
絶対はありませんが1アウトの場面になります。
ワンアウトランナー1塁でランナーの足が遅く、相手が強肩捕手であれば、ランナーを盗塁で得点圏に進めることはできません。
次の打者が強打者であれば、送りバントでツーアウト2塁の場面を作ることもいいですが、そんなうまい具合にことは進みません。
ただ、エンドランでもランナーがスタートをしているため、内野ゴロでも進塁打になることが多いですから、送りバントと同じような結果になるこが多いです。

 ノーアウトの場面では、相手が送りバントと決めて、前進守備をとってくる場合があるので、その時にバスターエンドランは有効です。
ランナーがスタートすることで、セカンド、ショートはベースに近づくので三遊間、二遊間は広くなりますし、ファースト、とくにサードは前に出てくるのでヒットゾーンはさらに広がります。相手チームからすると、積極的な攻撃をしてくるチームは嫌なものです。作戦として、初回からこのような攻撃をすると、相手チームは今後、ノーアウト1塁でも送りバントと決めつけて守れませんから、送りバント功率は上がります。

 

仕掛けるボールカウント

 

簡単に言うと投手がストライクをとりにくるカウントです。

バットに当てないと、ランナーがアウトになるため、ストライクがくる確率が高いカウント、2(ボール)-0(ストライク)、2-1、3-1、2-2、3-2ここが狙い目です。
 
エンドランを仕掛けない場面
 
・点差がある場合
はじめに少し触れましたが、点差がある場面では成功しても、勝敗に影響しないので無理にエンドランを仕掛ける必要はありません。
 
・相手投手のコントロールが悪い場合
上記した「仕掛けるボールカウント」でストライクが入らないので、失敗する確率が高くなります。
 
・打順が空振りが多い選手の場合
当然ですが、バットに当たらなければ、話になりません。
ですから、チームでサインを出せる選手をあらかじめ確認しておきましょう。
 
あとは、試合の流れのなかで実際にエンドランを仕掛け、自分のものにしましょう!