中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球 キャッチャー盗塁阻止のコツ ③

f:id:monkox:20150918171420j:plain

 

 捕手タイムを早くする

捕手がキャッチしてからセカンドに投げランナーにタッチするまでのタイム。

 

これを早くするには、肩が強いことに越したことはありませんが、肩の強さは個人差がありますし、肩が強くとも後述することができなければ、捕手タイムを早くすることはできません。

 

 

早く投げるためのキャッチング 

 

キャッチしてから早く投げるためにはキャッチングが重要です。

ボールをキャッチしたミットからボールをつかみ、投球動作に移行するわけですが、ここに問題のある選手が多いです。

早く投げようとすることで、早くキャッチしようとして体が前のめりになりボールを前でキャッチしてしまいます。

ようするに、肘が伸びた状態でキャッチすることになります。

肘が伸びた状態でキャッチするとボールを持ちかえる時間がかかります。

 

早くボールを持ちかえるには、なるべく体の近くでボールキャッすることです。

そうすれば、ボールの持ちかえがスムーズにでき捕手タイムを早くできます。

 

肩が弱ければ、ワンバウンド送球の質をたかめる

 

肩が弱ければと書きましたが、肩が強くても送球のコントロールが悪ければ、ワンバウンド送球にするべきです。

ワンバウンド送球は、ボールが地面についたときにボールのスピードが減速します。

とくに、ワンバウンドしたときに「ふわっと」曲線を描くような弾み方をすると、大幅な時間ロスになってしまいます。

なので送球は、ワンバンドしたときに「シュッ」と直線的にセカンドのグラブに入るように強く低いボールを投げます。

 

そのためにはキャッチ~スローイングまでのスッテプが重要です。

 

 キャッチ~スローイングまでのステップ

 

言葉で説明するのが非常に難しいですが、我慢して読んでみてください。

もし、チームの捕手が左利きの場合は動きを逆にしてください。

 

1 ランナーがでたら、左足を少し前にだして構えます

2 体の近くでキャッチすると同時に左足に体重を乗せます

3 ボールを右手に持ちかえながら、右足を前に出します

4 左足を前に出しながら、ボールを持った右手を右耳の側に運びます

5 後ろの右足で地面をけって、体を回転でスローイングします。

 

どうですか?わかりにくいですよね。すいません。

小生推薦!キャッチャー指導DVD

 

小生は学生時代に捕手をしていたのですが、中学時代に捕手の技術を教えてもらったことはありませんでした。今になって捕手経験がないと教えるのは難しいことが良くわかります。ただ、中学生の時に教えてもらえれば、違う野球人生になってたかもしれません。

 

nansiki.hatenadiary.jp