中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球 キャッチャー盗塁阻止のコツ ②

 

 投手タイムを早くする

投手タイムとは投手が足をあげてから捕手のミットにボールが入るまで。

クイックモーション

(これからの説明は左投手でしていますが、右投手も同じです)

 

今までは「左」ということにあぐらをかいて、ゆっくり高く足をあげ投球していました。せっかく「左」の恩恵を受け、ランナーのスタートが遅れても、足をゆっくり高くあげるため「投手タイム」が遅くなり全てセーフでした。もちろん相手が強いと、そこを見抜かれ簡単に三盗も決められます。

 

 そこで、クイックモーションを身につけます。今まで、ゆっくり高く上げていた足を、早く低く上げて投げるようにするには、投球練習しかありません。

これが出来たら「投手タイム」が格段に早くなります。

練習のポイントは

 

・足を高く上げずに、しっかり軸足に体重をのせて投球する(左投手なら左足)

 

足を高く上げないで早く投げようとすると、軸足に体重をのせずに投げてしまう選手が多いです。軸足に体重がのらないと球速が落ちますから、早く投げているのに「投手タイム」が早くなりません。

球威が落ちていたり、左投手なら左にボールが抜けるときは軸足に体重がのらずに、前のめりになって体が早く開いているので注意しましょう。

 

f:id:monkox:20150910234458j:plain

 

 2塁到達時間を遅らせる

 右投手左投手共通

けん制のタイミング

 

けん制球のタイミングは3つあります。

・サインを見てるとき

・セットに入る前

・セットに入ってから

 

ランナーは投手がセットに入ってからリードすると準備が遅れるため、セット前に離塁します。そして、ランナーはセットに入ってからけん制がくると考える傾向があるため、セットに入る前にけん制を入れることで、ランナーに「この投手はけん制がうまい」と思わせることができます。そうなるとランナーはスタートが切りづらくなります。

 

右投手左投手共通

ボールを持つ時間に変化をつける

 

セットに入ってから、投球するまでの時間やけん制するまでの時間に変化をつけます。

例えば、「1.2.3」のタイミングでけん制する時や「1.2.3.4.5.6.7」でけん制するなどボールを持時間に変化を付けましょう。もちろん投球もです。

 

参考までに好投手攻略のために監督目線で「けん制」について書いた記事です。

           

試合中に相手投手の「けん制の傾向」をつかむ! 中学采配!

 

 左投手用

1塁けん制の足の上げ方

練習試合などでみてきた左投手の1塁けん制は、大げさに高く足を上げてからけん制します。

おそらく、小学生の時に教えられたクセなのでしょう。

クイックモーションで投球する以上、足を軽く上げてけん制するバリエーションがなければ、「高く足を上げない時はけん制なし」と思い切ったスタートをきられてしまいます。けん制のときは足の上げ方にもバリエーションが必要です

 

f:id:monkox:20150910234628j:plain

ランナーと目をあわせる

左投手の特権です。ランナーは嫌なもんです。

 

投手はこれができれば、簡単に盗塁を許すことはありません。