中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学軟式野球Q&A バッティングのコツとは?

Q 打てるようになるにはどうしたらいいですか?

 

A どのチームも同じ悩みを持っているとおもいます。まず、大切なことは軟式野球硬式野球に比べバッティングが難しいことを理解しましょう。

 

「芯でとらえた」と思っても内野フライなんて経験ありませんか。

 軟式ボールは空洞があり、インパクトの時に潰れバットの面を移動します。すなわち、芯からずれてしまうわけです。

それを補うために、芯の部分に柔らかい素材を使用したバットが流行っているわけです。

 

 

ですから打てないことをあまり深刻に考えてほしくありません。

 思い出してみてください。大量点を取られたとき何本もヒット打たれてますか?

 そんな事ないはずです。ファーボールとエラーが大量点の原因ですから。

 

それでも打つためにはどうするか、時間はかかりますが、正しいフォームを作り、体力をアップさせ、力強いスイングをしましょう。「そんなこと解ってる」との声が聞こえてきそうなのでヒットが打てるようになるにはどうするか説明します。

 

ヒットを打つためには、

「打てる球」を打って「打てない球」は打たない。

 

f:id:monkox:20150902222343j:plain

 

「打てる球」とは何なのか?

 

それは、「ど真ん中」のストライク。ようするに「あまい球」です。

 いいバッターの条件の中で大切なのは、「あまい球」を逃さずに打てることです。

 プロ野球でも、初球の「あまい球」を見逃して、天を仰いでいる選手よくみますよね。

 あれは、1試合約4打席のなかで「あまい球」は1、2回あるかないかなので思わず天を仰いでしまうんです。

 

ヒット、ホームランを打っているシーンをテレビで見てみてください。厳しいコースに来た球を打ってる場面はほとんどみかけません。

中学生はプロのようなコントロールはありませんから、初球からどんどん「あまい球」を狙って振っていきましょう。そうすれば打率が上がってきます。