中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

試合中に相手投手の「投球の傾向」をつかむコツ!!

好投手にノーヒットで負けるなんて、軟式野球では珍しいことではないですよね。

ただでさえ、ヒットのでにくい軟式球ですから。そんな時は、相手投手の「傾向」を試合中に早く見つけ出し、それを攻撃にどう生かすかが重要になります。

 

「傾向」と言うと難しそうですが、投球パターンやけん制パターンであれば決して難しいものではありません。試合中にデーターをとりながら「傾向」見つけ出しましょう。

「投球の傾向」

・球種の確認

・初球の入り方

・カウントを整える球種を確認

・変化球を何球続けるか

 

 

・初めに球種を確認します

直球、カーブ、スライダー、チェンジアップ、最近ではフォークを投げる選手もいます。

 

・球種を確認したら、初球の入り方をチェックします

打者に対しての初球はバッテリーには、とても大切です。

初球にストライクを取ることができれば、投手は打者に対しバッティングカウントにすることなく有利に投球できるからです。(バッティングカウントは後述します)

そのため、初球はストライクをとる自信のある球種でしかも甘いコースにくることが多いです。

初球に使う球種を1、2イニングで見抜き、打者はその球種を狙い球にして初球から振っていきます。これができればヒットの確率が高くなります。

 

・カウントを整える球種を確認します

3B-0S、3-1、2-0、2ー1などボールカウントが先行し、ファーボールを出したくない投手はストライクを狙いにきます。その球種こそ、投手がコントロールに自信を持っている球種です

この球種はボールカウントが先行したら高確率で投げてきます。しかも四球を避けるために真ん中を狙って投げてきます。

球種が分かって、真ん中にきたらヒットの確率がグーンと上がりますよね。

このカウントをバッターが有利になるので「バッティングカウント」といいます。

 

・変化球を何球続けるか

初球とカウントを整える球を直球でも変化球でも同じ精度で投げれる投手はいます。

このような好投手は攻略が難しいです。

しかし、投手というか、バッテリーに「偏った傾向」がある場合はチャンスです。

 

f:id:monkox:20150831165514j:plain

現・楽天の松井祐樹投手が優勝候補だった高校3年生の時、横浜高校が松井投手を攻略して甲子園出場を決めました。

当時の小倉部長は松井投手の「偏った傾向」を見抜いていました。

・スライダーを3球続けることは90%ない。(3球目は高確率で直球)

・直球も続けるのは2球まで、3球目は違う球種がくる。

これを横浜高の選手は頭に入れ松井投手を攻略しました。

 

小生も学生時代に捕手をしていましたが、変化球を3球以上続けることはタイミングが合いそうで抵抗がありました。中学生であれば3イニングくらいで、このような「投球の傾向」をつかめます。

好投手攻略には「傾向」を早くつかみましょう!!