中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学野球 采配! イニング数と点差を考える 守備扁

野球ではアウトカウントや相手打者、ランナーがどの塁にいるかで守備位置を変える必要があります。

例えば、ノーアウトランナー1塁であれば、ファーストはベースについて、盗塁をさせないようけん制球を待ちます。

サードは送りバントに備え前気味に守ります。

 

ノーアウトランナー1・2塁であれば、セカンド、ショートはけん制のためセカンドベースよりに守り、1塁ランナーは2塁にランナーがいるため盗塁できませんから、ファーストはベースを離れ、送りバントに備え前気味に守ります。

サードは送りバントがあるからといって、前にでてしまうと2塁ランナーが盗塁してくるので、ベースの手前くらいに守ります。

(打者が3・4番バッターだとバントしない可能性が高い)

 

 

どうですか、ややこしいでしょ(笑) 守備位置は野球未経験の方には覚えることが多く、一番難しいかもしれません。

でも心配しないでください。試合で相手チームをみていたらすぐ覚えられます。

 

采配ではケースによるポジショニングよりも、イニング数と点差を考えて守備位置をどうするのか考える方が重要です。

「中学野球 采配! イニング数と点差を考える 攻撃扁」を守備側目線で考えればいいのですが、せっかくなんで例をあげ説明させてもらいます。

 

例えば、最終回の相手の攻撃でノーアウト2塁

A、5ー0で勝っている場合

考え方としては、6点取られなければ負けないと言うことです。守備位置はノーアウトランナーなしと同じでかまいません。

三盗されたり、ヒットで1点取られても5-1で勝ちますから。

 

このケースで重要なことは、ランナーを気にしすぎて、余計な四球やヒットゾーンが広くなってしまい相手に「ビックチャンス」を作られることです。

普段から、とくに投手にはこのようなケースで完封を意識させないようにし、相手に「ビックチャンス」を作らせないことを意識させるようにしてください。

 

f:id:monkox:20150825185023j:plain

B、1-1の同点の場合

考えかたとしては、1点とられたらサヨナラ負けですから、0点で抑える守備体系をとります。

相手は「送りバント」のでワンアウトランナー3塁にしてスクイズや犠牲フライ、パスボールなどで得点しやすいケースを作りにくる可能性が高いです。

 

セカンドとショートは、送りバントをサードでアウトにするためと、ヒットを打たれてもホームに返さないために、けん制球などでランナーに良いスタートを切らせないようにします。外野手はヒットでランナーをホームに返さないためもちろん前進守備です。

このときに、相手が普段の守備位置であれば外野フライのような当たりを打って、前進守備の頭を超えサヨナラ負けしても仕方ありません、こんなときは、素直に相手を称えましょう(笑)

 

このような駆け引きこそ、監督の醍醐味です。楽しみましょう!