中学軟式野球、監督のための采配。バッティング、盗塁、練習のコツ

中学野球の監督のための采配術。野球で指導が難しいキャッチャー技術、バッテリーの盗塁阻止、走塁と盗塁の基本など野球未経験の人でもできる指導のコツや子供に適したストレッチ、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などの筋トレで体力をつける知識をまとめました

中学野球采配!プロ野球や高校野球から戦術を取り入れてみよう!

 

前回、「野球中継を参考にしよう」と記述させてもらいましたが、実際にプロ野球高校野球で行っている戦術(考え方)を具体例を説明します。

もし、納得できるものであれば練習試合に試してみてくださいね。

 

 1アウト1塁、バッターフルカウントの場面

(ここでは、イニング数、点差、打者は考慮しません。)

2アウトならもちろんスタートのケースですが、みなさんならどうします?

 

現在、プロや高校野球はこのケースは盗塁の確率が高いです。

 

それななぜか?

 

この場面、投手心理としては四球を出したくありませんから、よほど変化球に自信がなければストレートでストライクを取りに来る可能性が高いです。

ストレートが来るとわかれば、プロや高校生であればバットに当てることはさほど難しくありません。

よって、空振りのリスクが低いと判断し、盗塁のサインをだします。

 

結果

 

・打って内野ゴロなら、エンドランがかかるので、ヒットゾーンが広がりヒットの確率が上がります。

 

・ヒットにならなくとも、スタートを切ることでゲッツーはなくなり2アウトランナー2塁となり次の打者のシングルヒットで得点チャンスができます。

 

・ボール球なら見逃せばもちろん四球で1アウト1.2塁となります。

 

ここで皆さんが心配するのは、相手投手が変化球を投げて来たときです。

ストレートを待っているバッターなら空振り三振になる確率が高くなります。

ただ、変化球を投げるということは、盗塁の成功率も上がります。

 

f:id:monkox:20150824175511j:plain

 

それはなぜか?

 

盗塁は、1塁ランナーがリードした位置から、2塁到達までの時間が、

「投手が足を挙げ投球⇒捕手が捕球し2塁に投げる⇒セカンドが捕球しランナーにタッチ」するまでの時間より速ければ成功するからです。

 

よって、

・変化球だとストレートより球速が遅い

・変化球でバッターが空振りするときは、投球が低くワンバンドしやすい

・投球が低いと捕手が捕球しにくくバランスを崩し投げにくい

・バランスが崩れると送球のコントロールが乱れやすい

・送球がそれるとセカンドがタッチしにくい

以上をふまえると、盗塁の成功率が高くなるのが分かりますよね。

 

 

結果として、

 

変化球を空振り三振しても盗塁の成功率が高いため、2アウト2塁で次の打者をむかえることができます。

要するに、シングルヒットで得点できるチャンスができたことになり、得点の確率が高くなります。

 

先生や父兄の方がサインをだすとき、ライナーゲッツー三振ゲッツーのリスクを恐れず采配してください。

もちろん、中学生のレベルではできない選手とできる選手がいます。

ですから、普段の練習でバットに当てるのがうまい選手や足が速い選手を把握しておくことが失敗のリスク下げるためにを必要です。

 

あくまでブログ主の個人的見解です。

「こんな考え方もあるんだなー」程度に思ってください。